初めてホームページを制作する際には

初めてホームページを作る際には必要な準備が有ります。自宅にインターネット環境が整っている場合は簡単なホームページテンプレートを利用する事で誰でも作る事が出来ます。オリジナル感ある個性的なホームページを作る場合にはホームページビルダーなどのソフトを購入する必要が有ります。ホームページ作成ソフトを利用して作る際には色々な言語を使用します。最低でもHTML言語を書く必要が有ります。近くの本屋さんやインターネットでHTML言語のハウツー本など見かけた際は購入して自分でホームページを作る事が出来ます。ホームページに掲載する画像なども必要に応じて用意する必要が有ります。趣味のホームページや会社、サークルなど作るテーマに合わせて様々なホームページを作る事が出来ます。ある程度、外観のページを作る事が出来たらオリジナルアドレスの取得などを検討する必要が有ります。せっかく作り上げたホームページでもアドレスを所有していないとホームページとして使う事が出来ません。

このホームページアドレスは年契約などで簡単に取得する事が可能です。ホームページアドレスを取得する事が出来たら専用のサーバーを借りる必要が有ります。初めの頃は低価格のサーバーを借りて色々と稼働させてみるのも良いです。色々と分かり始めたら自分に合うサーバーを借りて運用を行う事が可能になります。

ホームページ制作でテンプレート購入と自分でタグ打ちも併用してみた

ある程度タグに関する理解も出来たところで、自分の商売で行っているホームページを作成しようとおもいました。今回はビジネス用のテンプレートを購入しました。このテンプレートは購入しただけで、だいたいのデザインが決まっていて、文章をはめ込んでいけば、商用サイトが出来上がるものでした。値段もまぁまぁするので最初からあるテンプレートがかなり良いのです。それにこのテンプレートは自分で好きなようにタグを打ち込んでいくことも可能でした。プロフェッショナルのビジネステンプレートに自分の細かいタグ打ちによって、かなり満足のいくものが作成できました。

休みの日にチマチマやって、2か月ほどかかりましたが、出来上がりは大満足です。商品ページも良い出来でした。これなら、自分のサイトを見てくれたお客さんにも良いアプローチができるのではないでしょうか?感想ですが、ホームページ作成は自分である程度のタグ打ちが出来ないとダメなような気がします。タグの理解ができることで、細かい修正もできるようになります。HTMLやCSSの基本だけでも覚えるだけでも全然違ってきます。それと今回はもともとあるテンプレートの併用をしたので労力の面でもある程度緩和されました。

自社内で担当者を設けホームページを制作する場合に気を付けるべき事

自社内で担当者を設けホームページを制作する場合に気を付けるべき事私は現在、横浜の勤務先の職場のホームページ作りを担当しています。ホームページの立ち上げから、現在の更新作業も、他の事務仕事の合間に行っている状態です。
今回は、業者に頼むと高額になる横浜のホームページ制作を、社内のパソコンに詳しい人に任せる場合に押さえておいて頂きたいポイントを紹介させていただきます。
・テーマやデザインはしっかり決めておく
私の場合、デザイン面に関しても全面的に任され、これが一番苦労しました。就業してすぐだったのも悪かったのでしょうが、職場のテーマに沿ったホームページとはどんなものかが分からなかったのです。簡単なイメージだけでも上司の人たちに提案してもらえたら、スムーズな作業ができたと思います。
・まとまった作業時間を
ホームページの立ち上げは特に時間のかかる作業で、集中力も必要です。javaスクリプトやPHPなどのプログラムを使用する場合は動作確認も何度も行う必要があり、事務仕事等の合間に片手間で行うのは大変で、ミスも多くなります。集中して横浜のホームページの制作に専念できる時間を確保することをお勧めします。
・様々なメディアでの表示確認
パソコンのブラウザだけでも様々なものがあります。InternetExplorerでは綺麗に表示されてもFireFoxではレイアウトが崩れる、などの現象は頻繁に起こります。
加えて現在はスマートフォンやタブレットからの表示についても考慮する必要があります。これらの端末によってはFlashが使えないものもありますから、それらを使用している場合は代替の画像や文章も用意しなければなりません。
これらの表示確認や動作確認も、見落としを避けるためにできるだけ複数人で行うことが望ましいでしょう。

ホームページ制作の目的と業者を選ぶ2つのポイント

ビジネスを始めよう、またはすでにビジネスをしている人が行うべきことが、自社のホームページ制作です。自社のホームページを作っておけば、自分の会社のビジネスと目的が、誰の目にも明らかになります。また協力したり、仕事を頼んでみようという人も出てきます。つまりホームページを制作することで、ビジネスが広がります。

しかしホームページを自分で作るには時間もかかるし、面倒です、そこで業者に頼む必要があります。業者と言ってもピンからキリまであり、優良な作成業者を選ばなければいけません、そこで業者を選ぶ2つのポイントを見ていきましょう。

まず自分のビジネスにつながるホームページを作ってくれる業者かどうかを見ます。ホームページの内容が自分のビジネスや目的をしっかり説明できていなければ、誰も取引をしようなどとは思いません、ホームページを見た顧客が、この会社に仕事を頼みたいと思えるものを作れるかに注目しましょう。

自分の言いたいことが伝わるもの作成できるも大事です。作成者が自分の言いたいことをすべて理解してくれるとは限りません。自分の言いたいことと違うものでは意味がありませんし、見た人に誤解を招きかねません。コミュニケーションを積極的にとり、自分の言いたいことを理解し、くみ取ってくれる業者を選びましょう。

ホームページを制作する上でこれだけは最低限付けたい機能ベスト3

ただホームページを作るだけならネットに少し詳しい人がいれば作れる時代です。
作って終わりではなく、SEO上でもさらに有利に持っていく為の機能を紹介します。

第3位「問い合わせフォーム」
問い合わせのページけんえんしがちですが、ホームページを見るユーザーからすれば問い合わせフォームが無いと、何か質問があったりしたときにどこに問い合わせすればいいのかわかりませんので、出来うる限り付けた方が良い機能となります。

第2位「Google Analytics(グーグル アナリティクス‎)」
Googleが提供しているサービスになります。中長期的にホームページを運営する場合、ユーザーがどのような経路からホームページにアクセスしてくるか、また検索キーワード等を調べる事により、より良いホームページに改修するヒントを得られます。

第1位「ブログ機能」
ホームページにブログを一つのカテゴリーとして使う事が主流となっています。
外部サイトのブログを使われる人が多いのですが、自身のホームページの直下のURLを使ったブログの方がSEO上にとても有利となります。
最近は設置もそれほど困難ではなく、無料サービスのWordPressを使えば、自身の取得したホームページのドメインの直下のURLに設置が可能となっています。

以上がホームページを制作する上で、検索した時に有利に働く機能となりますので、もしホームページの制作を考えている場合は、この事を心に留めて制作のプランを考えられる事をお勧めします。